風俗系エステで受けられるサービス

街でよく見かける、「風俗系エステ」とは何か?

風俗系エステのマッサージについて

風俗店の提供するサービス内容には様々な種類があります。
その中でも、「リフレ」「回春マッサージ」「性感マッサージ」などと呼ばれる種類を、俗に風俗系エステと呼びます。
風俗系エステの主なサービス内容は、一般的なエステ同様に体をほぐすマッサージと性的な刺激を与えるサービスの2つを合わせた内容となっています。
性的なサービスについては、挿入を伴わないものやお客さんからマッサージをする店員へのお触りは出来ないものなど、お店ごとによってルールに違いはあります。
しかし、「一般的なマッサージ+性的なサービス」という形態は、風俗系エステで共通しています。
では、一般的なエステやマッサージと風俗系エステはどのように見分けることができるのでしょうか?
ポイントは大きく分けて2つあります。
まず1点目は風俗系エステの場合、外国人による経営というのが特徴のひとつに挙げられます。
例えば、深夜の駅周辺で、道行く人に「マッサージ、ドウデスカ?」と片言で声をかける人を見かける事はありませんか?
実はあの声かけは、風俗系エステの営業活動のひとつといえます。
次に2点目として、料金システムが異なっています。
一般的なエステやマッサージと風俗店エステでは、共に時間当たりの料金が設定されています。
例えば、一般的なマッサージの場合、10分間あたり約1000円前後と料金が設定されています。また時間設定も10分単位でお客さん側が決めることが出来ます。
それに対して、風俗系エステでは45分、60分、90分とあらかじめ決まった時間をお客さん側が選ぶシステムになり、料金も60分で8000円~12000円あたりが相場となっています。
このように、一般的なエステやマッサージと風俗系エステを見分けるポイントはいくつかあるので、サービスを受ける前に自分が望むサービスが提供されるのか、確認しておきましょう。

TOPへ戻る